成り立ち



当社は大正12年に、先々代、坂ア吉雄が徳島県板野郡松茂町に於いて 帆船八幡丸を購入し第二次世界大戦後まで、鳴門地方産出の瓦、米、西 瓜等を大阪方面を中心に輸送、販売したのが始まりであります。
戦後、復興建設資材の需要の急増により、木造船第一住若丸から第十一 住若丸までつぎつぎと建造し、徳島県吉野川の川砂を阪神方面へ採取販 売するようになりました。
その後、建設資材需要は続伸し、現在の住若海運株式会社・代表取締役 会長坂ア武夫は、業界に先駆けて鉄鋼船の建造、サンドポンプの装着、 荷役クレーン装着と一歩先をリードしてまいりました。
又、徳島県の吉野川、那賀川沖での海砂採取から、香川県、岡山県の瀬 戸内海へと方向を転換致しました。 やがて、列島改造ブームにより、船舶も199T型より499T型へと阪神地 区では最初に大型化に成功。
以来、コンスタントな船舶の建造、航海、営業販売を実践し、現在では船 団を499T型から大型高速プッシャーバージに造り変え、海砂採取販売 と建設資材の大量輸送を二本の柱に事業の拡張と充実を図り、積極的 に営業活動を推進致しております。